スーパー銭湯の歴史

 

 

 温浴事業の歴史は古く、仏教伝来の頃にまでさかのぼると言われています。「蒸し風呂」という形で始まり、その後江戸時代には、いわゆる「銭湯」が登場しました。そして、時代が変わると共にこの「お風呂」も様々な変遷をとげてきました。 昭和に入り、レジャー的要素を強くもつ「健康ランド」が出現し、それまで賑わっていた町の銭湯は少しずつ姿を消していきました。「娯楽としての要素」が加わったこの健康ランドは、それまでの単に体を清潔にする生活習慣的利用から、「健康的レジャーの場」としての性格をもつ施設として人気を得ました。

そんな中、平成元年頃には「町の銭湯では物足りないが、健康ランドは高すぎる」といった消費者のニーズに応える形で
「スーパー銭湯」が登場し、今日まで発展し続けてきました。



 

低料金型スーパー銭湯

非日常型スーパー銭湯

チムジルバン

エコスパ